Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

!!翻訳注意報!!

主にアニメと漫画に関する記事を翻訳してまとめていきます。記事はreddit、MyAnimeListから取ってきています。4月にブログを立ち上げ、3ヶ月で100万PVを達成しました。はてなブログではredditのリンクが貼れないのでご了承ください。

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第13話 最終回

第13話 最終回 「たそがれの帝国にて」あらすじ 炎の壁を突破した敵騎兵に対し、対策を練るイクタ。しかし、戦力差は5対1。この劣勢をどう切り抜けるべきか…。考えのまとまらないまま、イクタはマシューとハロに対し、陣地を守るように通達。三日後に再び…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第12話

第12話 「亡霊を狩るもの」あらすじ アルデラ神軍とキオカ軍の騎兵部隊が西の迂回路に向けて出発した――その報告を受け、迎撃部隊を出す決断をするイクタ。部隊を指揮するのは、総指揮官であるサザルーフと、トルウェイのエアライフル部隊となる。さらに、頭…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第11話

第11話 「常怠vs不眠」あらすじ 「一戦を交える頃合いだ」。そう決意の表情を浮かべるイクタ。だがマシューは、このまま火線防御陣作戦を続けるべきではと疑問を呈す。それに対し、敵が迂回してくる可能性を示唆するイクタ。実は、ガガルカサカン大森林は西…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第10話

第10話 「ラ・サイア・アルデラミン」あらすじ 集落に入ったイクタ達が見たものは、暴徒化した友軍兵士だった。イクタはヤトリと共に突入し、なんとか場を治める。締めくくりとしては最悪だが、ともあれ戦争は終わったのだ。肩の荷を下ろす帝国軍一行。そん…

海外の反応「ねじまき精霊戦記天鏡のアルデラミン」第9話 

第9話 「ささやかな面目の行方」あらすじ ついに最前線へと送り込まれる騎士団の面々。大詰めとなった戦局で、サザルーフから伝えられた任務は驚くべきものだった。それは、シナーク族集落への放火——。苦々しい想いを抱えながらも村を焼くイクタに、シナーク…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第8話  

第8話 「いつか三度目に」あらすじ 慣れない高地での戦いによって、少しずつ疲弊していく帝国軍。悪化する戦況に、士官候補生も前線に出されることとなる。一足先に前線に敷設された野戦病院にも人が絶えず、そこで手当をしているハロも疲れの色が隠せない。…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第7話 

第7話 「カトヴァーナ北域動乱」あらすじ ヤトリとトァックを先頭に行軍する北域鎮台の補給部隊。彼らは最寄りの街にて物資を補充し、基地に持ち帰る任務の途上にいた。その部隊後方の荷車に隠れていた男——イクタは、同じく従軍中だったカンナを無理やり連れ…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第6話 

第6話 「神の階の麓にて」あらすじ 北域出張。それは高等士官学校にて実施されている訓練の一環だ。北の最果て、大アラファトラ山脈の麓にある北域鎮台へと赴き、野盗の相手と山岳民族の監視を行う。半ば慣例であり、暇を持て余すことも多い務めだが……任地に…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第5話 

第5話 「二人でひとつ」あらすじ 「科学の世界へようこそ!」。それはヤトリがまだ9歳の頃。遊学先としてバダ・サンクレイ大将のもとに預けられた彼女は、同い年の少年、イクタと出会う。彼とともに触れ合う世界は、これまでとは違った感慨をもってヤトリに…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第4話 

第4話 「永霊樹の番犬たち」あらすじ 河川防御陣を敷いたイクタは、上流へと小隊の一部を動かす。それを挟撃への布石と考えたサリハは、河を挟んでいる慢心も手伝い、ヤトリ小隊を迎撃に向かわせる。しかし、それはイクタの罠だった。ヤトリが離れたと確認し…

海外の反応「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第3話 

第3話 「高等士官学校の騎士団」あらすじ 高等士官学校に入学することとなったイクタ達「騎士団」の面々。さっそく因縁を付けられるイクタだったが、意に介さないどころか返り討ちにする。さらにその後の授業では用意されていた以上の回答——「時点ごとの部隊…

海外の反応「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第2話 海外「今期のダークホースかもしれない」

第2話 「不本意なる褒賞」あらすじ シャミーユに代わり自らを囮としたイクタは、帝国からの亡命者のふりをすることで、キオカの軍人を油断させる。その上でトルウェイ、ヤトリとの共同作戦を展開し、彼らを撃退したイクタ。情報を聞き出すことに成功したもの…

海外の反応「ねじまき精霊戦記 天鏡のアルデラミン」 第1話「戦略家の主人公か。ルルーシュを思い出すな。」

第1話「嵐の邂逅」あらすじ 「あらゆる英雄は過労で死ぬ」。そう嘯く青年、イクタ・ソローク。彼とその幼なじみのヤトリは、高等士官試験の二次会場に向かうため、乗船しようとしていた。旧軍閥の名家に生まれたヤトリは、自身の主席合格をより確実なものと…