Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

!!翻訳注意報!!

アニメについてまとめた海外の反応サイトです。

海外の反応「アニメ監督山崎理氏が明かすアニメ業界の悲惨な現実」

f:id:shikiyu:20170105222510j:plain

Anime director Osamu Yamasaki rebealed the terrible condition in anime industry.

www.animenewsnetwork.com

以前から度々噂されてきたアニメ業界の悲惨な労働環境ですが、昨年のP.A.WORKSの炎上事件でさらにその過酷な現状が明らかになってきたように思います。これからのアニメ業界は一体どうなってしまうのでしょうか?

記事要約: 昨年の11月、アニメ制作会社P.A.WORKSにに勤めていたアニメーターがSNSに投稿した内容がネット上で物議を呼んだ。その月の自分の給与をキャプチャした写真をツイッターに載せていたのだが、昼食代、バスの定期代、入寮費などが引かれ、なんとその月に手元の残った給与がたった12.55ドル、日本円で1477円しかなかったのだ。このアニメーターは3年間動画マンからキーアニメーターへ昇進することができず、さらに机料として毎月6000円徴収されていたようだ。投稿内容によると、このアニメーターの給与が一番高い月でも2016年10月の574ドル、日本円で67,569円しか払われていないかった...

P.A.WORKSは机料を徴収していたことを否定しているが、他の部分については確認が取れた。これがネット上での炎上につながり、アニメ業界の過酷な労働環境についての論争を巻き起こした。

今回ビシネスジャーナルは「薄桜鬼」や「地球へ」などの有名作品を手がけたアニメ監督の山崎理氏にインタビューをお願いし、P.A.WORKS炎上事件について詳しく話を伺うことができた。今回のインタビューでアニメータの過酷な労働状況がより鮮明になってきたようだ。

アニメーターの給与は通常、個人の生産力によって決定する。絵の才能がある人や描くスピードが速い人は20代でも年収が500万から600万ほど稼げる人も中にいる。しかしこれを実現するには仕事以外の他の生活を犠牲にしなければならないらしく(1日に約10時間の労働)、アニメーターの中には年収100万ほどの収入でなんとか暮らしている人もいるようだ。特に会社に入って最初の3年間の動画マンとして働く期間が一番きついらしく、多くの人がアニメ業界から去ってしまうという。

日本には多くの熱意も才能もある若者たちがアニメ業界にもたくさんいるが、そのうちの多くが早々に夢を諦めてしまうのが今の現状だ。「この業界に残るのは10人中たった1人の割合です。」と山崎氏はコメントした。結果として現在のアニメ業界の中核となっているのが40代から50代の人たちで、「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」などに憧れてこの業界に入った人が多いようだ。

山崎氏「向こう10年間で年齢層もさらに高くなり、状況も厳しくなっていくでしょう」

高い生産力と安定した雇用が保障されているのは大手のアニメ制作会社だけだ。よってそれ以外の会社では多くの才能ある人材が失われつつある。そしてこれが若手育成の妨げにもつながり、フリーランスで雇われるという現状に至っている。その結果小さなアニメ会社ではスキルの低い、生産性の低い、賃金の低いアニメーターで溢れており、次々と大手へと人材が流れてしまうという悪循環に陥っている。

近年どんどんアニメの数は増えてきている。そのため大手の会社は下請けへと仕事を割り振っているが、最近ではますます多くのマージンが抜き取られる事態となっているようだ。アニメがヒットしなかれば、製作会社が負債を負うことになる。

ではなぜアニメーターたちは過酷な労働条件にもかかわらず作品を作り続けているのだろうか?

それはもちろん、作品への愛ゆえである。

彼らの多くがアニメへの情熱を胸に抱きこの業界に入ったことだろう。そして彼らを動かし続けている理由でもある。

山崎氏によれば、アニメーターの多くは賃金について気にかけておらず、仲間と協力し会社と交渉しようとする人もいない。現場の声を届けようとする人も多くはいないという。

新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明監督もあらわにしたように、多くのアニメ監督たちはこの「危機感」を共有しているそうだ。向こう5年のうちに、人材や資金難の影響でアニメ業界は衰退するだろうと彼は述べた。

山崎氏「アニメ業界の新たなビジネスモデルを作らなければならない」

 

 海外の反応

ドラゴンボール超」の第5話の作画崩壊を見るまでアニメ業界の現状について全く知らなかった...

好きなもので食べていけるのはいいかもしれないけど、だけどもっと自由に使えるお金を彼らには払わなければならないと思うよ。


海外の反応

昔と比べてアニメの本数は本当に多いよね。

だからこそ当たらなビジネスモデルが必要だと思う。山崎氏に同意だ。


海外の反応

アニメは無くならないだろうな。これはもう確立された大きなビジネスだからね。

もしも今のビジネスモデルがなくなったとしても、代わりの新しいモデルができるだろうね。