!!翻訳注意報!!

(主に)アニメについてまとめた海外の反応サイトです。

海外の反応「医者の卵だけど、「はたらく細胞」のレビューをするよ「マクロファージパート」」

f:id:shikiyu:20180812092319j:plain

Hataraku Saibou Ep. 6(ish) - Doctor's notes

「医者の卵だけど、「はたらく細胞」のレビューをするよ「マクロファージパート」」 

スレ主:

遅れてしまって申し訳ない。

今回はマクロファージの解説をしていくよ。

マクロファージは個人的にB細胞と並んで好きな免疫細胞だ。

マクロファージは非常に複雑な骨髄細胞の中の一つ。その中でも、マクロファージはその食作用(phagocytosis)が特徴的だ。食作用とは体内(組織内、血液内など)にある程度大きなサイズの異物(細菌、ウイルス、寄生虫)や異常代謝物(ヘモジデリンなど)をエンドサイトーシスによって細胞内へと取り込み、分解する機構のことを指すんだ。

マクロファージは通常は骨髄の中で成長し、血管の中を循環しているんだけど、胚発生の中で組織常在型の細胞へと変化する。

この時のマクロファージはそれぞれの細胞に応じで別々の名前で呼ばれているよ。

肝臓にいるマクロファージはクッパー細胞、中枢神経系ではミクログリア、骨では破骨細胞などなど...そしてそれぞれが特有の機能を持っていて、異物を食べてしまうんだ。

 

でも、マクロファージをただ体の中の異物を食べるだけじゃないんだ。

HLA分子(Human Leukocyte Antigen=ヒト白血球抗原)で細菌やウイルスを感知すると免疫反応を引き起こし、その統括としての機能も持っている。

また、マクロファージは炎症を止める作用も持っているんだ。単純な機能に聞こえるかもしれないけど、これは非常に重要な役割で、傷の治癒、血管新生など多くの細胞過程にとって必要不可欠になっているんだね。

 

しかし、マクロファージは私たちにとって望ましくない、不必要な行動もしてしまう。

腫瘍ができてしまった場合、先ほどの述べた血管新生の活性化によってその腫瘍の成長につながってしまうこともあるんだね。

ここでアニメのマクロファージのデザインについて述べてみる。

全体的に白で統一されているのは、白血球の仲間だからだろう。白血球 = 白っていう印象が強いからだろうね。

また、メイドの格好をしているのは、体の中での不必要なものを食べてキレイにしてくれる機能からきていると思う。

あと、彼女が持っている武器は、リソソームでないとしたら、一酸化窒素か活性酸素種だと思うな。好中球が持ってるのと似ているね。

そして最後に、マクロファージは他の細胞と比べるとかなりでかい。巨核球を除けば、一番大きい細胞だ。

 


2, 海外の反応

まだアニメ本編を見てはないんだけど、毎回君の投稿は勉強になる。

というか、毎週楽しみにしているんだ!


3, 海外の反応

ようやく投稿してくれたか!

もしかしてもうやめてしまったのかと不安だったんだ。

Thanks!


4, 海外の反応

戻ってきてくれると信じていたぞ!


 

5, 海外の反応

NK細胞の解説もいつか聞かせてくれ!


reddit.com/r/anime/comments/97z2wq/hataraku_saibou_ep_6ish_doctors_notes/?sort=old