!!翻訳注意報!!

(主に)アニメについてまとめた海外の反応サイトです。

海外の反応「SSSS.GRIDMAN」第6話

f:id:shikiyu:20181111105231j:plain

SSSS.GRIDMAN 第6話 「接・触」あらすじ

 アカネの質問に違和感を覚えた裕太は、六花や内海に相談しようとするがタイミングが合わずに1人で抱え込んでしまった。そんな裕太の前に怪しげな少女が現れて——

MALスコア: 7.03登録ユーザー数:53,173

1, 海外の反応

裕太、六花、内海の3人の奇妙なデート回だったな。

あの謎の少女にこの世界の謎を明かされるシーンは本当によくできていたね。

ボラー達も密かに裕太達を守っていたんだな。

f:id:shikiyu:20181111105251j:plain


2, 海外の反応

アンチを捨て猫みたいに扱う六花が可愛かったな。

でも、アンチが本当は怪獣だと知ったらどんなリアクションをするのだろうか...

f:id:shikiyu:20181111105311j:plain


3, 海外の反応

↑六花といえば、そろそろ裕太との進展が見たいな。

もう折り返し地点なのに、彼らの関係が進まないのは見ていてもどかしい。


4, 海外の反応

↑今回の内容を見ると、やっぱり1話以前に六花と裕太は何かしらの関係があったんだるね。

六花は裕太とは話した事もないと言っていたけど。


 

5, 海外の反応

このアニメは「新条アカネの憂鬱」ってことでいいのかな?

アカネにとってのキョンは誰なんだろう?

やっぱり裕太か?

f:id:shikiyu:20181111105324j:plain


6, 海外の反応

Stealth level: MAX

f:id:shikiyu:20181111103024p:plain


7, 海外の反応

裕太とあの少女の電車のシーンで流れた曲は「夢のヒーロー」だよね!

ピアノバージョンだったけど、あそこは興奮したよ!


 

8, 海外の反応

エイリアンがいないアニメなんてTRIGGERアニメじゃない!

...冗談は置いておいて、ようやく話が見えてきたね。


9, 海外の反応

みんな気付いたのかな?

六花が聞いていた曲は「インフェルノコップ」のEDだったよね?


10, 海外の反応

今回はすっごく面白かった!

ついに、裕太がアカネが黒幕だと知ってしまったけど、まだ6話だからな。

残り半分でどんな物語になるのか楽しみだ!


11, 海外の反応

アカネについてもっと詳しく知りたいな。

彼女のこれまでの人生で何が起こったのかをぜひ知りたい!


 

12, 海外の反応

アノシラスVSアンチの戦いはいつ見れるんだ?

f:id:shikiyu:20181111105350j:plain


13, 海外の反応

今回は色々とメタ発言が多かったよね。

アンチにパンをあげるシーンの看板に「野良猫に餌を与えないでください」とあったり、アカネと内海の会話で「怪獣が出ない回なんて作るべきじゃない」ってセリフがあったりさ! 


14, 海外の反応

俺は特撮を見たことがないからこのアニメに散りばめられているネタを知らないんだけど、それでも面白いと思う!

 


15, 海外の反応

今回までの内容から考察したんだけど、

この世界はおそらく仮想現実なんだろう。この設定は元ネタと同じだ。

そして、グリッドマンと敵キャラは外の世界で敵対する派閥なんだろう。キャリバーたちはグリッドマン側についていて、この世界の秘密も知っているけど、裕太たちには真実を話せない。

アンチと今回出てきた少女はこの仮想世界に元からいた怪獣だと思う。

アンチはこれからアカネ側から寝返るかもしれないね。

そして、裕太とアカネもおそらく外の世界から来たんだろうけど、どちらもそれを覚えていない。

彼らはこの世界における、まさに神的な存在なのだろう。

六花や内海たちはNPCか、この世界に閉じ込められている元は外の世界の人間だと思うな。

 


16, 海外の反応

やっぱり元ネタを知っていた方が楽しめるよね!

それにしても、あの怪獣少女はこれまでのエピソードでも登場していることをどのくらいの人が知っているのかな?

f:id:shikiyu:20181111105035j:plain

 


17, 海外の反応

好きな子とのデートで自分の親友のことばかり聞かれることほどつらいことはないよな...

 


 

 https://myanimelist.net/anime/35847/

MALスコア推移 & アニメ別登録ユーザー数推移

f:id:shikiyu:20181111093113p:plain

f:id:shikiyu:20181111093116p:plain