!!翻訳注意報!!

(主に)アニメについてまとめた海外の反応サイトです。

海外の反応「モブサイコ100」第9話 海外「"爪"幹部たちとの死闘が始まる」

f:id:shikiyu:20160906170612j:plain

第9話 「“爪” ~第7支部~」あらすじ

謎の男・誇山によって拉致された律たち。彼らが連行された先は、人類を正しい未来へと導くため、世界征服を目論む秘密組織「爪」の第7支部だった。教育係により洗脳させられそうになるも、一瞬の隙をついて脱出する律たち。一方、モブと テルたちもまた、刺客として彼らの前に現れた「爪」の幹部・寺蛇を捕え、組織の秘密を聞き出す。律を助けるため、第7支部へ向かうモブたちだが、そこには 「爪」の幹部たちが待ち構えていて! 

My Anime List(2016/9/6時点)

Score: 8.11

1, 海外の反応

やっぱりモブも肉体改造部の先輩たちを頼りにしているんだな。

一番最初にモブが思いついた協力者がテルじゃなくて彼らだったね。

テルが目の前にいるにもかかわらず...(笑)

どうやらモブにとっては筋肉こそが他の何よりも価値のあるものらしいな。


2, 海外の反応

↑モブが肉体改造部を頼りにしているのは事実だろうけど、まさかテルが協力して”爪”の支部に乗り込んでくれるとは思わなかったんだろうな。

テルは彼らから隠れている、だから一人で暮らしている、と前回言っていたよね。

f:id:shikiyu:20160906170656j:plain


3, 海外の反応

↑テルにとっても絶好の機会だったんだろう。テルは遅かれ早かれ”爪”とは戦う時が来るとわかっていたし、モブという最高戦力がいるこの時がテルにとって最も勝算が高いだろうからな。


4, 海外の反応

この作品の主人公のような「俺tueee」系の主人公はなんでこんなに気持ちいいんだ?見ていると気持ちがスッキリするよ。

f:id:shikiyu:20160906170742j:plain


5, 海外の反応

↑みんなモブのような圧倒的に強い力を持つ主人公を求めているんだよ。

同じ「俺tueee」系の主人公でもモブのような本当にかっこいい主人公にはなかなか会えないけどな。


6, 海外の反応

↑きっと「モブサイコ100」や「ワンパンマン」を制作したアニメスタッフもそのことを理解しているんだろうな。良いアニメの作り方を熟知しているよね。


7, 海外の反応

↑どちらもONE先生の作品だ。これこそ彼の漫画スタイルなんだろうね。

web漫画から始まってこれほどの成功を収めたのも彼のストーリー構成が素晴らしいからだよ。


8, 海外の反応

↑彼は自分の絵の欠点をストーリーで補っている。

彼もそれを理解しているはずだ。

幸いにも「ワンパンマン」の方は素晴らしい漫画家が付いてくれたけどな。


9, 海外の反応

今回は霊幻が一瞬も出てこなかったよね。彼が一度も登場しないのは今回が初めてじゃないか?


10, 海外の反応

↑超能力者でもない彼がこの状況で生き残れると思うか?

モブが律を取り返して翌日、霊幻の事務所を訪れれば彼が依頼人のマッサージに全力を出しているところがきっと見られるよ!


11, 海外の反応

↑霊幻も”爪”との戦いに参加する動機は十分あると思うけどな。

もし”爪”が人工的に超能力者を作り出すことに成功してしまったら、誰でも霊能力が手に入るってことだろ?

もしそれが現実になったら彼は仕事がなくなってしまうよ。

それに霊幻はモブの師匠でもあるしな。

モブが力を暴走させないように彼を見張っておく理由もあるだろ。


12, 海外の反応

↑霊幻ファンたちには次回素晴らしいファンサービスが待っていると思うよ!


13, 海外の反応

律の作戦にはまんまと騙されたよ。視聴者まで騙すとはね。

全ては彼の思い通りだったというわけか。

f:id:shikiyu:20160906170906j:plain


14, 海外の反応

↑まぁ、律が覚醒ラボのメンバーを頼りにしていないことはなんとなくわかったけどな...

でも律も超能力をコントロールできるようになったようで良かったよ。


15, 海外の反応

↑律は覚醒ラボの子供達を君たちの能力は決して無力ではないと励ましていたけど、最後には彼らとの力の差を見せつけたね。

最後まで能力をコントロールできるのかは自信がなかったみたいだがな...

脱出のためには他のメンバーの力が必要だと判断したんだろうな。

16, 海外の反応

てっきりこの回は誇山との再戦が始まるところで終わると思っていたんだけどな。

モブのとっては誇山など相手ではなかったようだ。自分の失態のケリをつけて次のボスとの対戦へと駒を進めたか。

f:id:shikiyu:20160906170957j:plain


17, 海外の反応

↑誇山が出てきた時は残り時間も少なかったから再戦は来週になるだろうと思っていたよ。まさかあんなにあっさりと終わるとはね...


18, 海外の反応

"爪"幹部たちがテーブルを囲んでいたシーンは「ワンパンマン」のS級ヒーローたちのミーティングシーンを思い出したな。

f:id:shikiyu:20160906171016j:plain


19, 海外の反応

寺田は返り討ちに遭い、誇山も30秒もしないでモブにボコボコにされてしまったな...

彼は前回のモブとの対戦から実力の差を思い知ったと思っていたのに、何も学んでいなかったようだな。

 次回は燃える戦闘シーンが見られそうだね!


20, 海外の反応

今回はやけにモブが強く描かれていたよね?

なぜいきなりパワーアップしたのだろうか...?


21, 海外の反応

↑モブはいつもたいていの超能力者よりは強いよ。

いつも自分の力が暴走しないように押さえているだけさ。


23, 海外の反応

↑前回の対戦ではモブは接近戦を強いられていたからな。それは誇山の得意分野でもあるんだ。

純粋な超能力の強さではモブに軍配が上がるから、”念動螺旋”を使ってモブのバリアを突破したのさ。

このテクニックで超能力が上の相手でも互角以上に戦うことができたんだろう。

 彼は前回の失敗から学び速攻で勝負をつけようとしたんだけど、モブの超能力がそれ以上だったってことかな。


24, 海外の反応

↑モブにとっても自分のバリアを突破されたのは誇山が初めてだったんだろうな。

それに動揺して前回はあんなに劣勢になってしまったのかもね。


25, 海外の反応

↑「ワンパンマン」でも触れられていたけど、使い方次第で実力の差は埋められる、って言っていたよね。

 実際、フブキは能力を応用して自分より理からの強い超能力者を倒していたよ。


26, 海外の反応

↑あの時点ではモブは人に能力を使わない、という自分のポリシーを守ろうとしていたからな。モブはなんとか誇山を説得しようとしていたんだよ。

今回は律を連れ去られてムカついていたから能力を他人に使うことを躊躇しなかったんだよ。


27, 海外の反応

この世界でもマダオは結局マダオだったってわけか...

テルもモブには及ばないけど相当の実力があるんだね。

相手の技を5分も経たずにコピーしていたよ。

f:id:shikiyu:20160906171057j:plain

f:id:shikiyu:20160906171107j:plain


28, 海外の反応

 テルの超能力自体の強さも凄いけど、彼の真骨頂はその応用力やテクニックにあるのかもしれないね。

テル「圧倒的な力の前では小手先の技術は通用しない」

これは寺田に対してだけでなく、自分に対しても言っていたのかもな。


29, 海外の反応

このアニメのキャラクターのデザインは独特だけど魅力的だよね。

やはりモブはとんでもなく強いんだな。”爪”の幹部たちでも相手にならないね。

f:id:shikiyu:20160906171133j:plain

来週が待ちきれないよ。このアニメはストーリーが進むほど面白くなってくるね! 


30, 海外の反応

誇山が一瞬でモブにやられてしまったよ。今回はモブは最初から本気だね。

前回の誇山との対戦から”爪”のメンバーの実力は侮ってはならないと学習したのかな。

前回の対戦でのモブの唯一のミスは接近戦をしてしまったことだからな。

それさえなければノーマルモードでも彼をあしらうことは容易いようだ。

超能力者同士の戦いでは一瞬でも相手に隙を与えると形勢が逆転してしまうようだね。

現に解放された寺田はそこそこの強さだったし、テルも苦戦していた。


https://myanimelist.net/forum/?topicid=1549702 reddit